05
2019.02.28

普段着の床の記憶

建築家
中村好文

1948年千葉県生まれ。1972年に武蔵野美術大学建築学科卒業後、設計事務所勤務 などを経て、1981年、レミングハウス設立。1987年に『三谷さんの家』で第1回 吉岡賞受賞した他、1993年には第18回吉田五十八賞特別賞を受賞。『住宅読本』
(新潮社)、『中村好文 普通の住宅、普通の別荘』(TOTO出版)など、著書多数

心地の良い場所をさらに居心地良く設える

「住まい」に対するこだわりの原点…ミシンの天板から新聞を垂らして作った居心地の良い場所

私が生まれ育ったのは、千葉県九十九里浜の茅葺き屋根の家です。本当に簡素な田舎の家でしたが、南側と西側にL字型に廻らされた木の縁側がありました。
私はその縁側が好きでした。松の木の床には松の木特有の黒みがあって、節だけが浮かび上がっている部分を特に気に入っていました。
普通は縁側といえば3尺ですが、南側の縁側は広くて4尺(約120cm)ありました。西側の縁側の傍らには大きな合歓木が自生していて、大きな緑陰があたりをドームに覆い、そこがとても素晴らしく居心地の良い場所だったのです。西側の縁側の傍らには大きな合歓木が自生していて、大きな緑陰があたりをドームに覆い、そこがとても素晴らしく居心地の良い場所だったのです。

「家をつくる」ということを考えたとき、一から「家を建てる」ことは難しくとも、家を構成するさまざまな素材や機器を自分で選び、家を「編集」していくことで「家をつくって」いくことはできます。いろいろな素材をうまく取り入れ、組み合わせながら一つにまとめていく、いわば「家の編集者」となるのです。

家を編集するのは建築やデザインの専門家だけではありません。今は、自分たちの幸せは何かを見定め、それを住まいの中でかたちにしていける「住宅リテラシー」をもった人が増えてきています。ここでいう「リテラシー」とは、読み書きの知識や能力といったことではなく、一人ひとりが自分たちの生活スタイルを理解し、自分の住まいを自分でつくっていくことのできる能力です。そうしたリテラシーをもった人々が増えることで、既に出来上がっている家を購入するのではなく、自分の生活スタイルを把握し、編集してつくられた家というものが、今後増えていくのではないでしょうか。

時間と共に心地良く変化していくことの大切さ

ツリーハウス…「巣」をイメージしたこの「木の上の家」は、家具デザイナーの小泉誠氏との共同制作で、その後の長い付き合いの始まりとなった。

居心地の良い場所と、そこでする行為というのは、「住まいとその暮らし」だと思います。住まいという良い入れ物があり、そこで行なわれる暮らしがセットになっている感じ。
それが、松の木につくった「巣」のような、「小さな手づくりの場所」にもあったわけです。住まいという言葉に「巣」の音が入っていることにも、私は何か特別な意味があるように思います。そうした「住まいの心地」を何で感じるかというと、床なら足の裏の感触。肌で触れた感覚が意外と大切です。特に日本人は、足裏から何か特別な「心地」を感じ取っているように思うのです。

著書「住宅読本」

私はいつもEnkelとPatinaを大切にしています。エンケルはスウェーデン語で「普通でちょうどいい」という意味。パティーナはラテン語で、「経年変化する味わい」という意味です。「古色」という言葉でも表せますが、時間が経って、みすぼらしくすり減るのとは違う、徐々に魅力を増していく素材の味わいを大切にしたいのです。
私は、たぶん「触れる」という感覚を大切にしている人間で、触覚に訴える気持ち良さが居心地の良さ、気持ちの良いことに繫がるという感覚があるので、建築と家具づくりをやっています。伊東豊雄*1さんもおっしゃっていますが、これからは五感の時代の中でも「触覚」、「触感」というものが大事になってくるでしょう。触感 というのは、最も原始的な感覚だとも言われています。
私自身の中にも、そういった感覚を大事にしたいという思いがあります。触感もそうですし、経年変化で感じる美しさや温もりがある材料で建築も家具づくりもやりたいという気持ちが常にあるのです。木はもちろん、皮や鉄も時間が経てば傷みや錆が出ます。

そういう素材の変化が好きなのです。だから、床をつくるときも、できればそういう経年変化で味わいを増す素材を使いたいと思っています。床は、家の中でも特に直接触れることの多い場所ですから、裸足で歩いたときに感触が心地よく、たくさんの人の足に踏まれることでますます風合いの深まる天然素材にこだわりたいと考えているのです。

(*1) 伊東豊雄(いとう・とよお)…1941年生まれの建築家。東京大学工学部建築学科卒業。東京大学・東北大学・多摩美術大学・神戸芸術工科大学客員教授を歴任。伊東豊雄建築設計事務所代表。高松宮殿下記念世界文化賞、RIBAゴールドメダル、日本建築学会賞作品賞、グッドデザイン大賞、2013年度プリツカー賞など受賞歴多数。『「建築」で日本を変える』(集英社)、『伊東豊雄の建築』(TOTO出版)など、著書も多数