04
2019.02.28

インテリアと床が溶け合う絶妙

家具デザイナー
瀬戸昇

1962年高知県生まれ。公益社団法人日本インテリアデザイナー協会理事。1983年九州産業大学芸術学部インテリアコース卒業後、1985年にエーディコア設立デザイナーとして参加。その後、エーディコア・ディバイズ唯一のインハウスデザイナーとして、オリジナルブランドを創出。1993年、2003年にグッドデザイン賞受賞。2004年以降、ミラノサローネや「LA建築とインテリアデザイン」など、多岐にわたるセミナーを全国で開催。その他、大学や専門学校、企業などでも特別講義を行なっている。

https://www.adcore.co.jp/

美しい床を目の前にすると、日本人は「土足」では踏み込めない

エーディコア・ディバイズの製品カタログはアメリカの住宅で撮影されているのですが、それには理由があります。
本当に時間と愛情をかけて育まれた「本物のインテリア」があるからです。
アメリカに行くと、いろんなインテリア、テイストがあり、住む人のスタイルに合わせて、きちんとインテリアがつくられているのに感心させられます。

ロサンゼルスにも家具屋ストリートがあるのですが、モダン家具でもミッドセンチュリー(1940~60年代にデザインされたもの)から80年代家具、現代、1920年以前のクラシカルなものまで、いろんなテイストの家具屋さんが揃っている。しかも、日本では家具屋さんなら家具中心ですが、向こうではアート・照明・インテリアに関するものはすべてコーディネートできるようになっています。撮影をするときには現地の撮影コーディネーターの方の力をお借りするのですが、アメリカでは7割以上がリノベーションの仕事なので、建築家の方よりデコレーターの仕事のほうが多いと言われています。つまりデコレーターがリノベーションによる家づくりを主導していくわけです。

日本ではデコレーター(装飾家)は、インテリアコーディネーターというかたちで、家づくりというよりもインテリアデザインのお手伝いという認識が強い。アメリカでは、建築の学校に行って、卒業するときに建築家かデコレーターかを選ぶのだというわけです。もっと言えば、建築家のほうが不遇な方が多くて、デコレーターのほうが仕事もお金も多く回っているというぐらいですから、住宅をめぐる文化が根本的に違うのですね。

撮影のためのロケハンで伺った住宅も、ほぼすべてがデコレーターの方が入っておられて、「モダンだな」と感じるものは、ミッドセンチュリーの住宅に住まわれる方のためにデザインしてリノベーションされているというものでした。さらに驚かされたのは、リノベーションにかける時間も2年、3年のスパンなのです。それだけ時間と愛情をかけてつくられた住宅を見ると、本当に素晴らしい。また、いつ行っても感じるのは、そうした住宅の「床」も輝いているということです。欧米だから土足で使うのだし、床は適当なもの……というイメージが最初は、正直なところあったのですが、まったくそんなことはありません。これまでに延べ130軒ほどのアメリカの住宅を見て回っていますが、どこも最初に目につくのが「床材」なのです。

フローリングはもちろん、コンクリートの打ちっ放し、モルタル仕上げやテラゾーでも仕上がりが素晴らしい。日本のように靴を脱いで生活する文化ではないのに、床が本当にきれいにつくられているわけです。床がそれだけ美しいということは、その住宅で生活をされている人たちも、やはりとても床を大事にされています。

インテリアのバランスは床への考え方で左右される

昔は、僕たちの製品を撮影するのも、いわゆるスタジオ撮影用の白いホリゾント(背景用の幕や壁)でやっていました。そこから、実際に住宅をロケハンして撮影するようになって、床の素材や質感というものに、本当に製品の家具などの魅力が左右されるんだということを理解できるようになりました。つまり、どんなにいい製品も、その「地」となる床や壁、天井などのインテリアの色や素材に合ったコーディネートをすることがすごく大事だということです。

家具のデザインをしていて思うことでもあるのですが、当然、家具のデザイン、プロダクトのデザインとして勝負できるものをつくるという思いはもっています。ですが、それだけではなく、空間に入ったときのバランスが非常に大事だなと思うのです。なぜなら、どんな空間でも椅子一脚だけで存在しているのと、そうではないのとではバランスが異なるからです。
白いホリゾントの上で椅子が一脚だけ存在しているのなら「かっこいいなあ」と思えるデザインにすればいい。でも実際に使われるのは、そんな空間ではないですよね。最低でも椅子が四脚、テーブル一台、お店だと何十脚。
いちばん多いところだと、例えば自動車メーカーさんの社員食堂では5500脚というような空間もあります。もし、そんなところで「うわ、凄いな」という椅子が5500脚も並んでいたら、かなり鬱陶しいでしょう。やはり、空間の中に溶け込んでいないと、インテリア、家具というのは本当に意味がない。

僕は、昔からよく言うのですが、「どこにでもありそうで、どこにもない、探すと意外にない」そう言うものがいちばん良いデザインなのかなと。その点、欧米のバランス感覚というのは、やはり際立ったものがあると思います。生活に根ざしたバランスですよね。「この生活だったら、車はコレ、インテリアはコレ、家具はコレ」というようなバランスがとれているから空間も非常にすんなりしている。

生活自体もそうだと思うのです。普通の給料をもらって、時計だけがロレックスをしているというのは、やはりちょっとおかしい。僕も、若い時のことを振り返ってみると「僕の家具を見てインテリアをデザインしてもらえればいいな」と思っていました。若かったのでしょう。今とまったく逆の発想です。
若い時は、家具が主役だと思っていましたが、今はバランスのほうがもっと重要だと考えています。
家具だけが立っていても駄目ですし、窓だけ立っても駄目、照明だけ立っても駄目。どれか一つだけが強調されて目立つのではなく、インテリアすべてのバランスがとれている。そういう状態にもっていきたいというふうに思っています。

ABOUT THIS PAGE

このWebサイトではフローリングの⽊材や作り方のこと、歴史や文化のことなど、様々なアプローチから私たちの日々の研究の成果をお伝えします。