2018.06.27

カールヘフナー500-1

世界一有名なベースギター

写真のギターを見て「ビートルズの楽器」「ポールの愛器」と思われた方も多いと思います。今回はポール・マッカートニーのトレードマークとも言えるバイオリンベースを取り上げました。

バイオリンベースはドイツ最大の弦楽器製作所であ るカールヘフナー社で製作されています(正式名称は カールヘフナー500-1)。カールヘフナー社は本来バイオリン・チェロといったクラシック楽器の製作が中心の会社です。エレクトリックギターはソリッドボディーが多いのですが、バイオリンベースはホロウボディ(アコースティックギターの様に中に空洞を持ったボディ)の為、非常に暖かみのある優しい音がします。又、ショートスケール (ネックが短い)で軽量である事からステージ上での扱いも楽で弾き易いというメリットもあります。バイオリンにも似た独特なシェイプも個性的で魅力です。

ポールマッカートニーは、よほどこの楽器が気に入ったらしくビートルズデビュー当初から69年の解散まで、ほぼこの楽器を使い続けており、まさにビートルズサウンドを支え続けてきた世界一有名なベースギターです。しかし、重低音が出ない、サスティーンが効きにくい等の理由から、バイオリンベースをメイン楽器として使い続けている有名ベースギター奏者は世界中でポールマッカートニーただ一人です。

ビートルズ解散後のソロ活動期においては、フェンダー・ジャズベース、リッケンバッカー・4001S、ヤマハ・BB1200、ウォル・マッハⅡ等に主役の座を一時はとって変われましたが、1993年度のワールドツアー以降、再びこのバイオリンベースがメインベースとして使われるようになっています。

バイオリンベースは、ネックにメープル、指板にはローズウッド。更にボディ表面にはスプルース、ボディー裏面・側面にもメープルが使われています。
今年4月の来日公演は大盛況でした。また次の公演を見る機会がありましたら、ぜひこのペースにも注目して下さい。

[写真協力]
・Hofner ギター・ベース日本総代理店 株式会社山野楽器 海外事業部(TEL:03-3862-8151)
・Wikipediaより