COLUMN

床材の種類と選び方

床材の種類と選び方

床材は、家の中でも広い面積を占めるため、部屋のイメージや住み心地を左右する重要な部分です。そのため、リフォームや新築の床材を選ぶ際、どのような床材を選んだらよいのか、迷う方が多いかもしれません。
そこで今回は、床材の種類と選び方についてご紹介します。これからリフォームや家を建てる方は、ぜひ参考にしてください。

床材の種類

床材には、たくさんの種類があります。ある調査によると、数ある床材の中でも最も使用された床材は木質系床材、その次が畳というデータがあります。同調査では「耐水性が求められる洗面やトイレなどで、表面にオレフィンシートなどを貼った木質系床材が浸透してきたことが、木質系床材の採用比率を高めた」と分析されており、水回りその他で場所に適した木質系床材が使われていることが分かります。

また、木質系床材に限らず床材はそれぞれ特徴が異なるため、場所によっては不向きな床材もあります
まずは、床材の種類と特徴を見ていきましょう。

フローリング

フローリングとは、木材を使った床材のことです。床材の中で最も一般的に使用されていて、掃除がしやすい、キズがつきにくいというメリットがあります
フローリングには、無垢フローリング、複合フローリング、シートフローリングなどの種類があります。
無垢フローリングは天然の木材をそのまま使用した床材で、複合フローリングは合板などの基材の上に薄い天然木の突き板や厚みのある挽き板を貼り合わせたものです。シートフローリングは、木目が印刷された化粧シートを合板に貼り合わせた床材を指します。部屋ごとに使用する木材の種類やグレードを変えることもおすすめです。

カーペット

カーペットは、素材やデザインの種類が豊富なため、選ぶ楽しみがあります。
また、フローリングと比べて滑りにくく、防音性やクッション性に優れているという特徴があります。小さなお子さんがいるご家庭なら、子供部屋の床材としておすすめです。

畳(たたみ)

畳は、古くから和室の床材として使用されてきました。独特のぬくもりとやわらかさを感じられるため、根強い人気のある床材です。和室を作るなら、必要な床材といえるでしょう。ただし、畳は定期的なメンテナンスやケアが必要となります。

タイル

タイルは、陶器や石でできた板を1枚1枚貼っていく床材です。キズがつきにくく、掃除も簡単。掃除のしやすさから、玄関やキッチン周りによく使用されています。

床材として使われるのは、大理石や御影石などが一般的で、玄関周りや廊下によく使用されます。床材に石を取り入れることで、ヨーロッパにある石造りの家などの雰囲気がある家作りが可能です。
ただし、素材が硬いため転ぶと怪我をしやすいなど、小さなお子さんや高齢の方がいらっしゃる場合には注意したほうがよい場合もあります。

 

床材の選び方

最後に、床材を選ぶ際のポイントをご案内します。
床材は、まずライフスタイルや部屋の特徴に合わせて選ぶところから始めましょう

例えば、リビングは家の中でも長時間過ごす場所なので快適さを重視。床材はフローリングがおすすめです。
キッチンや洗面所などの水周り・汚れやすい場所には、掃除のしやすさを一番に考えて水回り用のフローリングやタイルが適しているでしょう。子供部屋の場合は、防音性や耐衝撃性のある床材がおすすめです。カーペットであれば、防音性や耐衝撃性もあり、デザイン・素材が豊富です。お子さんの好みや成長段階に合わせて選びやすいのではないでしょうか。

おわりに

今回は、さまざまな床材の種類とその特徴、選び方についてご紹介しました。
床材は、写真を見ただけでは質感までは把握しにくいものです。家のリフォームや新築する際には、実際にショールームや専門店に足を運んでご自身の目で確かめることをおすすめします。ショールームや専門店のスタッフは床材の専門家です。ぜひスタッフにも相談してご自宅に最適な床材を選んでください。