お客様窓口

SUPPORT

VIEW ALL

プロユーザー情報

FOR PRO USER’S

VIEW ALL

COLUMN

抗ウイルス・抗菌素材のフローリングとは?仕組みとQ&A

新型コロナで、玄関で靴を脱ぐ日本の生活習慣が注目され、抗ウイルス性能をもつ製品の発売が発表されています。家の中を漂うウイルスは、最後は床に落ちてくるため、床を清潔な状態に保つことはとても大切。では、注目を浴びる抗ウイルスのフローリング・床材は本当に感染対策ができるのでしょうか?仕組みや効果、除菌との違いを解説、よくある質問にもお答えします。

 

抗ウイルス・抗菌フローリングの仕組み

ウイルスや菌は、増殖した時に人に悪影響を及ぼします。抗ウイルス・抗菌フローリングは、ウイルスや菌の遺伝子を包む外側の殻を壊すことで無害化し、その数を減らしたり増殖を抑制します。抗ウイルス・抗菌剤はフローリングの表面塗料に含まれていて、フローリングに落ちてきたウイルスや菌に作用しています。

抗ウイルス・抗菌剤には、古くから抗菌素材として使われてきた「銀」や、酸化チタンを主な材質とし、光を当てることで性能を発揮する「光触媒」などが使用されています。
下の図は、「銀」を使った抗ウイルスフローリングの試験結果ですが、抗ウイルス処理をしていないフローリングと比べて、ウイルス数が大きく減少していることが分かります。


※代表的なウイルス2種類(代替ウイルス1種類含む)についての試験結果。「抗ウイルス処理あり」フローリング上の24時間経過後のウイルス数は、「抗ウイルス処理なし」フローリングと比べて99%以上少ない。

 

菌とウイルスは似ているイメージがありますが、菌は自己増殖できるのに対しウイルスは自己増殖できない等、その構造や増殖の仕組みは異なります。そのため、抗菌性能のみのフローリングではウイルスに効果がない、という場合もあります。フローリング選びの際は各製品の性能をよく確認しましょう。

ちなみに、抗菌性能や抗ウイルス性能には、一般社団法人抗菌製品技術協議会(SIAA)や光触媒工業会(PIAJ)といった第三者機関が定めた基準もあります。抗菌製品・抗ウイルス製品の品質・安全性を整備することを目的とした基準で、認証を受けた製品には「SIAAマーク」や「PIAJマーク」が付いているので、フローリング選びの際は参考にしてみてください。

日本初!「SIAAマーク」を取得した抗ウイルスフローリングはこちら

 

洗剤で除菌(掃除)するのとどうちがうの?

フローリングの表面についたウイルスや菌は、そのままにしておくと蓄積したり増殖してしまいます。
「除菌」効果のある洗剤でお掃除することでも取り除くことはできますが、ウイルスや菌は目に見えないものなので、しっかりお掃除したつもりでも、どうしても拭き残しなどの心配が残りますよね。また、清潔な状態を保つためには定期的なお掃除が必要です。

「抗菌」「抗ウイルス」フローリングを使うと、拭き残してしまったり、お掃除後にウイルス・菌が付着した場合でも安心。抗ウイルス剤や抗菌剤によって、製品表面についたウイルス・菌の数を減らしたり増殖を抑制することができます。

ちなみに、似たような表現で「殺菌」や「消毒」「滅菌」という言葉もありますが、こちらは薬機法で効果が認められた医薬品や医薬部外品にのみ使われるものです。それぞれの言葉の意味を下にまとめてみました。

除菌:ウイルス・菌などの微生物を取り除いて、数を減らすこと。
消毒:病原性のあるウイルス・菌などの微生物を死滅すること。薬機法で効果が認められた、医薬品や医薬部外品にしか使うことができない言葉。
殺菌:ウイルス・菌などの微生物を死滅すること。薬機法で効果が認められた、医薬品や医薬部外品にしか使うことができない言葉。
滅菌:ウイルス・菌などの微生物を完全に死滅すること。薬機法で効果が認められた、医薬品や医薬部外品にしか使うことができない言葉。
抗菌:菌の増殖を抑えること。
●抗ウイルス:ウイルス数を減らすこと。
(参照:一般社団法人抗菌製品技術協議会(SIAA)WEBサイト)

抗ウイルス・抗菌フローリングとお掃除による除菌を組み合わせることで、より安心して過ごしていただけます。
お掃除で除菌する場合は適切なアイテム・方法で行いましょう。
詳しくはこちらで解説していますのでご覧ください。
フローリングの除菌方法とおすすめアイテム

 

よくある質問と回答

Q1. 感染リスクを完全に抑えることはできるの?

抗ウイルス・抗菌フローリングは製品上についたウイルスや菌にのみ効果を発揮します。ウイルスや菌の感染経路には「空気感染」「飛沫感染」「接触感染」などがありますが、抗ウイルス・抗菌フローリングは空間全体に対する効果はないため、感染リスクを完全に抑えることは難しいです。部屋の換気やマスクの着用、手洗いなど、日々の感染防止対策も大切です。

Q2. 除菌・消毒・殺菌効果のある洗剤と比べてどれくらいの効果があるの?

洗剤による効果はお掃除の頻度によって変わるため、比較することは難しいです。洗剤を使ったお掃除では「拭き残し」や「お掃除後のウイルス・菌付着」が心配されますが、抗ウイルス・抗菌フローリングを使うことで、万が一のリスクを減らすことができます。

Q3. 洗剤で拭いて掃除しても、効果は消えないの?

洗剤で掃除しても問題ありません。フローリング表面が汚れで覆われると抗菌・抗ウイルス性能が発揮されないため、定期的なお掃除はおすすめです。お掃除後は、洗剤成分が表面に残らないよう、水拭きを行ってください。

Q4. 耐久性はどれくらいですか?

抗ウイルス・抗菌剤はフローリング表面の塗料に含まれているため、塗料が剥げてしまわない限り効果は持続します。
※塗料の耐久性は使用環境により大きく異なります。

Q5. 傷がついてしまった場合効果が薄れることはありますか?

上塗り塗装が削れたところは抗ウイルス性能がなくなるので、傷の程度によっては効果が薄れる可能性はあります。

Q6. ワックスがけしてもいいですか?

フローリング表面が覆われてしまうと、抗ウイルス・抗菌性能は発揮できません。ご注意ください。

Q7. 抗ウイルス・抗菌性能の指標になる基準ってあるんですか?

世の中には様々な抗ウイルス・抗菌製品が販売されていますが、フローリングのように住宅に長期間使用する製品には、第三者機関の認証を得たものがおすすめです。
抗ウイルス・抗菌性能には法律等で定められた基準はありません。各メーカーが自社基準で性能評価している場合もありますが、製品の品質や安全性を整備・標準化するために、業界団体が設けた認証マークがあります。一般社団法人抗菌製品技術協議会による「SIAAマーク」や、光触媒工業会による「PIAJマーク」がこれにあたり、JIS規格や国際標準規格ISOに準じた試験結果から性能を判定して、基準を満たした製品に認証マークの表示を認めています。
これらのマークはフローリングに限らず様々な商品に適用されていて、例えば「SIAAマーク」は、トイレやキッチン設備、医療用製品、公共交通機関の車内など、1000種類以上の製品に登録されています。様々な商品への採用実績がある「SIAAマーク」や「PIAJマーク」はやはり安心感がありますよね。フローリング選びの際は、ぜひ参考にしてみてください。

日本初!「SIAAマーク」を取得した抗ウイルスフローリングはこちら

抗ウイルスフローリングの対象商品はこちら