ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置
ここからメインコンテンツです

直貼り防音フロアのご注意

直貼り防音フロアー(ネダレス95ニューフォルテ・ネダレス95・ネダレスLLBV45・SOHOT-45)

マンションに最適な直貼り防音フロアー
快適なフロアーライフのために木質防音床材の特性をご理解ください

防音フローリングとは

床で発生した個体音を伝わりにくくする性能の床材であり、防音室のような外の音が聞こえなくなる遮音性能とは異なります。

防音性能について

木質防音直貼り床材は、階下への音(軽量床衝撃音)を生じない程度に抑えようとするものです。階下への音が消えてなくなるわけではありません。

マンションの「床衝撃音」について

軽量床衝撃音(LL)と重量床衝撃音(LH)の2つの床衝撃音があります。

軽量床衝撃音とは
イメージ スリッパで歩くパタパタ音や、スプーンを落としたチャリンという音のように、比較的軽い衝撃音のことです。
軽量床衝撃音は、床に防音の機能をもったフローリング(防音木質床材)を使うことによって、和らげることが可能です。
重量床衝撃音とは
イメージ 子供が飛び跳ねるドンドンというような音のように、重い響の衝撃音のことです。
重量床衝撃音は建物の躯体の剛性など構造そのものによって左右されます。
L値はスラブ厚みなどの現場条件によって変わります。 保証値ではありません。L値はJISに基づく方法で実験室で測定したデータから実際の現場での遮音性能を推定したものです。現場の状態として、標準的な施工が行われた梁区画面積10~15㎡のRC版(厚み150㎜)を想定しています。したがって最大スパンの床版、貫通部を持つ床版あるいは柱、梁、壁などを通じ伝播する音の大きい建物など条件によってバラツキが大きくなることが考えられます。
遮音等級(L値)と生活実感の目安
遮音等級(L値)と生活実感の目安
適用等級の意味(日本建築学会)
適用等級の意味(日本建築学会) 朝日ウッドテックは日本防音床材工業会の会員です

床スラブ厚などの条件次第で遮音等級(L値)は異なりますが、フローリングの遮音等級(L値)とは、一般に床スラブ厚150mmの場合での軽量床衝撃音のレベル推定値のことを指しています。

防音性能はLL-40と45

軽量床衝撃音をやわらげる防音性能は、LL-40とLL-45の2種類をラインナップ。

LL-40タイプLL-45タイプ

ページトップへ戻る

ご採用にあたって

歩行感について

イメージ直貼り防音木質床材は、遮音性能を高めるために、裏側に特殊クッションシートを使用しています。そのため遮音性能に関係のない一般の床材と比べると歩いた時に柔らかく沈むような感じがします。これは遮音性能を得るための構造上起こる現象です。また、床暖房使用部分については、それ以外の部分との下地構造の違いによって歩行感が異なる場合があります。

床鳴りについて

イメージ原因の一つとして床材の継ぎ目部分がすれて音が発生していることが考えられます。これは木質床材が天然素材のため木の性質として調湿機能が働き、伸び縮みを生じることによって発生するものです。

スキ、反り、突き上げについて

イメージ天然木を使用しているため、床材の継ぎ目のスキ・反り・突き上げなどが多少発生する場合があります。天然木特有の伸縮作用によるものです。また、床暖房使用により多少の収縮があり条件によっては約1㎜以上のスキが発生する事や反りが発生する事がありますのでご了承ください。

重い家具を置く場合は

イメージ敷き板を敷くなどして重量が分散するようにしてください。部分的に荷重がかかりますと物を除けた時にその部分に凹みが出て復元しにくいことがあります。

歩行感について

  • ピュアハード塗装は傷がつきにくく、ワックスによるメンテナンスの必要はありません。ただし、お客様の事情によりワックスがけが必要な場合は、「リンレイ製ハイテクフローリングコート」をお使いください。(お近くのホームセンターなどで購入できない場合、弊社営業所までお問い合わせください。)
  • ワックスを厚く塗りすぎると、歩行時にワックスの皮膜の割れる音が発生することがあります。
施工について
巾木の取り付け方法
  • 施工には必ず、専用の接着剤をご使用ください。その他の接着剤は施工後の踏み鳴りなど、トラブルの原因となる場合がありますのでご使用にならないでください。
  • 突き上げ、スキなどの不具合が発生する場合がありますので、連続した長い床貼りとなる場合は、床材の伸びを吸収するために見切りなどでの処理を行ってください。見切りを入れる場合には、ハット型のような物を使用し見切りの下で突き付けにせず、隙間を空けてください。
  • 製品長手方向の壁際には、床材の伸びを吸収するため、2~3mmの隙間を設けてください。隙間は巾木で隠してください。巾木は後付けの施工としてください。

日本防音床材工業会

  • ショールーム
  • COOL JAPAN ボーダー シミュレーション
  • インテリアシミュレーション
  • 施工事例
  • デジタルカタログ
  • 床は大事