ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置
ここからメインコンテンツです

COOL JAPAN クールジャパン

  • スクエアタイプ
  • ボーダータイプ
  • スリムタイプ

国産材を有効活用することで日本の森林が元気になり、地球環境の保全にもつながります。

国産材を活用し、地球温暖化を防止。

計画的に間伐・伐採、植林を行い、成熟した木を伐採して木材として活用し、CO2の吸収が多い若い木を新しく植えることは、地球温暖化の防止にもつながります。

林野庁が取り組む「木づかい運動」へ参加。

林野庁では、国産材の積極的な利用を通じて山村を活性化し、CO2をたっぷり吸収する元気な森林づくりを進めようとしています。木づかい運動ロゴマークは、国産材を利用した製品に付けられる環境貢献の証のマークです。

木の素材感を最大限に活かしたデザインだからこそ、飽きのこない空間を演出します。

凹凸感のあるデザインで光と影の演出を。

自然素材を見近に感じられるクール ジャパン。
長尺3mで壁一面の印象を変えられる「杉 ボーダータイプ」と、450mmモジュールの方型の「杉・桧 スクエアタイプ」に加え、薄型化した「スリムタイプ」の3種類をご用意しています。
※凹凸加工のデザインバリエーションは、タイプによって異なります。

素材感を活かした味わい深い凹凸加工を施しており、昼間は自然光で国産材ならではの木肌の風合いを味わえます。

間接照明で陰影を浮かび上がらせ、ダイナミックな印象にすることもできます。光と影の織りなす表情をお楽しみください。

「グッドデザイン賞」受賞。

「グッドデザイン賞」は財団法人日本産業デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。
「杉・桧スクエアタイプ」は2010年度グッドデザイン賞、「杉 ボーダータイプ」は2011年度グッドデザイン賞を受賞しました。

杉・桧の調湿機能により、一年を通じて快適な居住環境をつくります。

木が持つ機能を活かし、室内の湿度を調節します。

木材は微細な細胞から成り立つ多孔質材料であり、周囲の環境に合わせて水分をゆるやかに吸放湿し、室内の湿度変化を抑える働きがあるのです。クール ジャパンは、このような木材の性質を最大限に活かした調湿建材です。

木質建材として初の調湿建材マークを取得。

近年、住宅の気密性が高まる中で、結露やカビの繁殖が問題になっており、(一社)日本建材・住宅設備産業協会では調湿建材を客観的に評価し、一定以上の性能を有する製品に「調湿建材認定マーク」を表示する制度を運用しています。

木材の調湿機能が、住まいの大敵'結露'を抑制。

吸湿持続力の比較試験を行ったところ、他調湿建材は2日目で吸湿しない平衡状態に達しました。
一方、クール ジャパンは約20日目まで吸湿を続け、平衡時における吸湿量は他調湿建材の2.5倍以上という結果になりました。

ボーダータイプ:1㎡当たりの最大吸湿量

試験方法:
一定の湿度を保った環境下で、試験体の吸収限界まで吸湿させた後、試験体の重量変化を測定。

ボーダータイプ:結露の抑制

人工的に結露を発生させた状態のデシケータ(防湿庫)にクール ジャパンを入れたところ、3時間後には結露がほとんどなくなり、24時間後にもこの効果は持続しました。

  • スクエアタイプ
  • ボーダータイプ
  • スリムタイプ
  • 施工事例を見る
  • 施工説明書を見る デジタルカタログへ
  • ショールーム
  • COOL JAPAN ボーダー シミュレーション
  • インテリアシミュレーション
  • 施工事例
  • デジタルカタログ
  • 床は大事