2015.03.25

影向のマツ

「影向」とは、神仏が姿を現わすという仏教語である。境内を縦横無尽にうねる枝は、見る所によってワニの頭やサルの姿にも見える。小岩に生まれ、ここで子供相撲をとって角界に入った故春日野親方が「郷土で力士を育てたい」と始めた相撲大会が毎年境内で開かれていた。

データ

所在地 東京都江戸川区東小岩2-24-2(善養寺境内)
枝張り 直径28m
樹高 8m
樹齢 約600年(推定)
種類 クロマツ
指定 国指定天然記念物

大木・霊木マップ

  • 2015.03.25

    たこ杉

    「蛸杉」とは、「昔、参道を作る時に、盤根がわだかまって工事の邪魔になることから伐採しようとしたら、一夜にして根が後方に曲折した」との伝説と、その根が「たこの足」に似ているところから呼ばれるようになったものである。

  • 2015.03.25

    地蔵ケヤキ

    このケヤキの大きな洞は、寺が火災にあった際に幹の一部が焦げたのが原因でできたと伝えられています。

  • 2015.03.25

    影向のマツ

    「影向」とは、神仏が姿を現わすという仏教語である。境内を縦横無尽にうねる枝は、見る所によってワニの頭やサルの姿にも見える。

  • 2015.02.23

    冨士太郎杉

    このスギは、山梨県内における有数の巨樹で、根張りがよく発達しており、漏斗(じょうこ)を伏せたような形になっているのが注目される。

  • 2010.09.13

    鉾スギ

    八幡太郎源義家が奥州討伐の大願成就を祈願して奉納したと伝えられているものです。