2015.01.13

巌鬼山神社の大杉

巌鬼山神社はお岩木山(1625m)の北10kmほどにひっそりと鎮座している。津軽半島のつけ根に位置し、地元の人以外は余り訪れる人も少ない。
創建は延暦15年(西暦796年)と古く、本来は仏堂であったが、明治6年(1873)に「巌鬼山神社」と称するようになったと伝えられる。

ガンキサンと呼ぶように1000年余も厳しい風雪に耐えぬいた2本の杉の巨木がその名にふさわしい荘厳さを漂わせている。我国最多の杉の巨木の中でこれほど『いかめしさ』を表現している木は珍しいと言える。
貴重な出会いが出来た記念の写真である。

データ

所在地 青森県弘前市十腰内字猿沢
幹周り 9.4m(手前) / 8.4m(奥)
樹高 41m(手前) / 39m(奥)
樹齢 推定1,000年
種類 スギ
指定 県天然記念物

大木・霊木マップ

  • new

    2015.01.27

    巌鬼山神社の大杉

    巌鬼山神社はお岩木山(1625m)の北10kmほどにひっそりと鎮座している。津軽半島のつけ根に位置し、地元の人以外は余り訪れる人も少ない。

  • 2014.09.24

    マザーツリー(ブナ巨木)

    青森・秋田両県に跨がる「白神山地」は、林道も無く、容易に立ち入ることが出来ない森だった。
    「白神山地」は、こうした地理的条件もあり、東アジアで最大の原生的なブナ林として、1993年屋久島とともに世界自然遺産として登録されることになった。