ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置
ここからメインコンテンツです

品質について

 

 

木材調達ガイドライン

1.合法性が確認された木材を調達します2.以下の持続可能な木質部材を積極的に調達します (1)森林認証材 (2)環境保全や地域社会の利益につながる植林木 (3)国産材 (4)廃木材、端材などを原料とするエンジニアードウッド (5)森林の多面的機能が発揮されるように管理された森から出た木材[森林の多面的機能] 木材・食料などの物質生産、生物多様性の保全、地球温暖化の緩和、土壌の保 全、水源のかん養などの諸機能3.サプライヤーとの対話を大切にし、情報を共有するとともに、必要に応  じて現地確認を行います。

2016年6月29日 朝日ウッドテック株式会社 社長 海堀 哲也

朝日ウッドテックは全対象製品の「F☆☆☆☆」を実現

ここ数年、特に新築やリフォームをした住宅に入居された方々の「シックハウス症候群」が問題視されています。その原因の一つとして、建材をはじめとする様々な材料から放散されるホルムアルデヒドやVOCなどの揮発性有機化合物が考えられています。そして、2003年より施行された改正建築基準法により、ホルムアルデヒドの規制がますます厳しくなりました。
朝日ウッドテックでは、住まいの居室における空気環境を健全に保ち、使用面積を気にすることなく使っていただくことができるよう、当社の対象となる内装建材製品全てについて、ホルムアルデヒド等の放散を大幅に削減する技術開発を推進し、「F☆☆☆☆」の性能を実現しました。

当社F☆☆☆☆等級レベルの対応商品群

当社の空気環境対策

朝日ウッドテックでは、従来より厚生労働省が指針対象物質としているホルムアルデヒドなどのVOC削減に取り組んできました。さらに、改正建築基準法に対応するため、ホルムアルデヒドのさらなる低減や、クロルピリホスを使用しない防虫処理を行うなど、全対象商品への対応によって、より快適で健康的な室内環境づくりに取り組んでいます。

当社対応商品一覧表

  • 朝日ウッドテックの技術
  • 品質について
  • 研究開発
  • 生産体制
  • 採用情報
  • 商品情報
  • 環境活動