ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置
ここからメインコンテンツです

トップメッセージ

「木」の可能性を最大限に引き出し、人々の暮らしに「革新的な価値」を提供する「需要創造型企業」をめざしています。 朝日ウッドテック株式会社 代表取締役社長 海堀芳樹

朝日ウッドテックは、1952年(昭和27年)の創立以来、「快適なヒューマンスペースの創造」に貢献する独創的なモノづくりで業界をリードしてきた木質内装建材のパイオニアです。今日、Live Natural(ライブナチュラル)に代表される当社の製品は、戸建住宅や集合住宅を中心に幅広くご使用いただいており、他に類のない「ブランド」として確固たる地位を築いています。

「大樹深根」の経営

木も企業も、いくら見た目が立派でも、根が浅ければ少しの逆風ですぐに倒れてしまう……
朝日ウッドテックでは、いたずらに成長を追い求めることなく、「顧客」「信用」「人材」「技術」「資本」の5つの根を、地中の奥深くにしっかりと張り巡らすことで、地に足のついた堅実な成長を志向しています。
それが「大樹深根」の経営。中長期的な視点から着実に根を深めていくことで、社会や人々から支持され、愛される企業としての成長を続けたいと考えています。

時代を超えて受け継ぐ「木」への思い

朝日ウッドテックのルーツは、1913年(大正2年)に商都大阪の中心、船場で創業した「銘木商」にあります。
銘木商とは、数多くの木材の中から吟味を重ねて「銘木」を選び抜き、手塩にかけてその美しさを引き出すことを仕事の根幹としています。
「素材に敬意を払い、素材の力を最大限に引き出す」という当社独自のモノづくり思想は、まさにこの「銘木商」というルーツから受け継いだもの。時代が変わり技術が進化していく中でも、当社の変わらない価値観として、ますます高い評価をいただいています。

徹底した「現場主義」

朝日ウッドテックが基本としているのは、徹底した「現場主義」。それは、「新しい価値創造のヒントは現場にしかない」と考えるからです。
そのために当社は、グローバルな資材調達の現場から製品が使われる暮らしの現場まで、自ら足を運ぶことに労を惜しみません。
この徹底した「現場主義」へのこだわりが、私たちのモノづくりの力を日々進化させるとともに新しい技術の芽を育み、時代の変化に対応していく原動力となっています。

需要創造型企業をめざして

朝日ウッドテックは、顕在化した市場や顧客のニーズに応えるだけに満足しません。
当社がめざしているのは、顧客自身も気づいていないニーズをいち早く見いだし、革新的な価値を創造・提供する「需要創造型企業」です。
市場と暮らしの現場に立脚したマーケティング、先進的で独創的なモノづくり、製品が持つ「価値」を伝える営業活動など、人々の暮らしへの革新的な価値の提供を通じて、時代を超えて「快適なヒューマンスペースの創造」に貢献し続ける企業でありたいと考えています。

  • 企業情報
  • 会社概要
  • コンセプト
  • トップメッセージ
  • 沿革
  • パートナーシップの推進
  • 採用情報
  • 商品情報
  • 環境活動